賃貸住宅からの引越し

引越し用ダンボール

賃貸住宅に居を構えている場合、引越しが決まったらまず、現在の住居を管理している不動産屋か、貸主である大家に退去する意思を連絡しなければなりません。賃貸住宅の場合、入居した際に契約書をもらっているはずなので、退去のする場合の告知日を確認し、記載されている期日までに連絡するようにしましょう。
賃貸住宅から退去する場合、返還される敷金などの確認を貸主と契約書、双方から確認するとよいでしょう。

引越し業者の見積もり

自分、もしくは身内で引越しをするのではなく、業者に頼んで引越しを行う場合、見積もりを依頼しなければならりませんね。引越し業者の見積もりは、同時に数社依頼し、付帯するサービスの違いや料金を比べて選ぶべきです。引越し業者の見積もりは、予約が早ければ割安になったり、引越しシーズンである新卒時期の3月や年末には割高になる場合もあるので、事前にチェックしておくことで時期をずらし、全体の費用を割安に抑える事ができる場合もある。

引越しゴミの処理

特に引越し業者に頼んで荷物を移動する場合、引越しを行う前に、新居での家具の配置などを考えておくと、作業がスムーズに進み、転居後の生活も早く馴染むことができます。
引越しの際に出る大型ゴミなどの不用品は、自治体の取り決めに従って引き取ってもらうことになりますが、転居に当たって家電製品を買い換える場合には家電店に引き取ってもらったり、引越し業者の中にも引取りを受け付けている場合があるので確認したほうがよいでしょう

荷物が少ない場合

単身者や荷物が少ない場合などは、レンタカーを借りて行うと安上がりにできます。また、自分で引越しをする場合、梱包資材などを用意しなければなりません。引越しの日には旧居の掃除も行うのが一般的で、不動産屋や貸主によっては清掃状態で敷金の返還を渋る場合もありますが、基本的に義務はありません。

公共料金や免許

旧居新居共に、電気ガス水道料金などの使用手続きと清算を引越しの日に済ませるようにします。架設電話がある場合は引越し前に転居の手続きをおこなっておきましょう。
郵便局や新聞、市役所などに住所の移転を届け出るのも忘れずに。海外に引っ越す場合で、自動車免許を持っている場合、国際免許証手続きをしておけば海外でも運転する事ができます。海外に引っ越す場合で、戻ってくる予定である場合は、生命保険などを一時的に停止して海外傷害保険に入ると良いでしょう。携帯電話が国際ローミングに対応している場合、海外での使用手続きをしておきましょう。
また、国民健康保険の資格を持っていて、市区町村が変わる場所へ転居する場合、現住所を管轄する役所に転出届を出すと共に、国民健康保険の資格喪失届けを出さなければなりません。

不用品の処分

引越しの準備、荷造りを始めると思った以上に不用品が多いことに気付くのではないでしょうか?「いつかは使うだろう」と思っていても、正直言って使いません!
荷物になるだけでなく、引越し先でも邪魔になるだけです。本当に収納や押入れの中に入った「いつかは使うだろう」といった物は、本当に使わない、邪魔になるだけです。とにかく不要な物は処分することに限ります!
もし、もったいないと思うならヤフーオークションに出品するのも手ですね。多少なりともお金になりますので、捨てるよりは良いでしょう。

スポンサードリンク